日本語教員という仕事

日本人が英語や中国語などを勉強するように、世界の国の中では日本語を勉強している外国人が数多くいます。ということは、もちろん外国人に対して日本語を教えている教員がいることになります。そんな場所で求められる人材、それは外国人教員ではなく、日本人の日本語教員です。日本人の場合は日本で生まれ、住んでいた経験から伝統や慣習などを言葉以外にも授業中に教えることが出来、一石二鳥の授業を実現することが出来ます。そんな中、台湾や中国などの近隣諸国では日本人の日本語教員を多く募集しています。日本を離れ海外で働いてみたい、そう考えている方にとっては、非常に魅力的な職業と言えます。日本語教員になるメリットは、海外で祖国の言葉や文化を教えることを通して国際交流が出来ることです。日本では求人の少ない魅力的な職業の1つです。

日本語教員になると外国人に正しい日本語を

日本語教員の資格を取得出来ると、国内にいらっしゃる外国人に正しい日本語を教えてあげることが出来ます。私たちの国には、ひらがな、カタカナ、漢字があるので、外国人としては覚えることが難しいので、日本語教員というものが、必要になります。国内だけでなく、外国でも日本語を覚えたい方も多くいらっしゃるので、広範囲にわたり活躍の場があります。基礎的な50音からスタートすることになるので、きちんとした発音が出来るように教えていくことが大切ですね。外国人は、その国の喋り方に慣れてるので、外国人とのコミュニケーションを取りながら授業を行うことになるので、日本語教員もその国の言葉を理解しないといけないです。始めは、まったく話せなくても、徐々にかたごとではありますが、しゃべれるようになると、教える方も嬉しく感じますね。

日本語教員になる魅力

最近は転職を考えている人も多くいると聞きますが、中には日本語教員を目指している人もいると聞きます。そこで、日本語教員になる魅力を教えます。まず最初に教える魅力は、日本語が上手になるということです。日本に住んでいても間違った日本語を使っている人が多くいる為日本語教員になることによって自分の日本語が上達します。次に教える魅力は正しい日本語がわかることが楽しいと言った魅力があります。教員になることによって、自分が正しいと思っていた日本語が間違えていることもあるので、間違いに気づくという楽しさがあります。最後に教える魅力は、生徒と触れ合うことの楽しさがあるということです。日本語とはあまり関係ないかもしれませんが、生徒に日本語を教えるという職業になります。なので、生徒と仲良くなって楽しい話をしたりすることができるといった魅力があります。