日本語教員の需要が高まっている

海外から移住してくる外国人が増えてきていることもあり、最近は、日本語教員の需要が高まってきています。また、逆のパターンもあります。日本に来た外国人に教えるのではなく、日本人が外国へ言って日本語を教えるというパターンです。この需要も高まっています。それだけ、海外でも日本語を必要とし、学びたいという人が増えているということになります。世界共通語として考えられているのは英語ですが、日本語も覚えておきたいという外国人が多くなってきています。一般的な教師とは違うため、正しい日本語を教えることができれば、誰でも日本語教員になることは可能です。文法というよりも、日常会話を中心に教えることが多くなっています。また、ビジネスで日本語を知っていないと仕事にならないという外国人も居ます。この場合、ビジネス用語を中心とした日本語を教えることになります。

日本語教員が学習者に行うインタビューについて。

日本語教員が、新規の学習者を受け入れるときに、その学習者について調べるべきことが3つあります。一つ目は、日本語の必要性についてです。例えば、外国人の専業主婦が日本で生活するために学ぶのなら、日常生活で使用する日本語を中心に教える必要があります。外国人のビジネスマンだったら、日常的な日本語よりもビジネスの場における日本語のほうが必要です。学習者のニーズによって、教授するべき日本語は変わってきます。二つ目は、日本語学習歴についてです。学習歴がなく、日本語が全くできない学習者はゼロ初級といいます。3つ目は、学習環境についてです。どんなところに住んでいるのか、どんな勉強道具を持っているのか、などを聞き出します。この3つを、学習者本人に直接会ってインタビューします。このインタビューを日本語で行うことで、ある程度学習者の日本語レベルもわかるので、学習者を受け入れる際には必ず行います。

日本語教員に求められること。

日本語教員が、学習者に日本語を教える際にまず考えるべきことは、学習者がどんな日本語を学ぶ必要があるか、ということです。受け入れる学習者が専業主婦なのか、留学生なのか、ビジネスマンなのか、人物によって必要としている日本語は違います。例えば、日本人の旦那さんと一緒に生活するために来日した外国人の奥さんが学習者なら、日常的な日本語を教える必要があります。日常的な日本語とは、ご近所付き合いのためのあいさつや、家庭内での会話、買物をするときに必要な言葉などです。学習者が交換留学生なら、学校での勉強に関すること、先生の話を聞くことが必要になるため、学校に関する日本語を中心に教える必要があります。また、仕事で日本語が必要な学習者なら、専門用語や業務に関する日本語を教授しなければなりません。日本語教員にとって、学習者のニーズを理解することはとても大事です。