オンラインでの日本語教員について

日本語教員になる方法はいくつかあります。大学や専門学校で、留学生に日本語を教えたり、またカルチャーセンターで在留している外国人に日本語を教えるといった方法もあります。最近ますます多くなってきている一つの仕事はオンラインでの日本語教員です。どのような方法で、どんな内容を教えるのでしょうか。オンライン日本語教員とは、ネット回線を利用して、外国に住む日本を学びたい生徒とコミュニケーションをとることです。日本のアニメや漫画といった文化は多くの国の人に人気です。それで、なかにはコスプレを学びたいという人もいます。オンラインでの会社の中には、趣味を活用した日本語を教える教員も募集しいています。例えば、漫画に詳しい人、書道に詳しい人、茶道に詳しい人です。このように、日本語だけでなく、文化も一緒に伝える、しかも自宅で、というのがオンライン日本語学校の特徴です。

日本語教員についての基礎情報

日本語教員とは、日本語が母語ではない外国人に対して、日本語を教える仕事をしている人のことです。ただし教員と言っても、学校教員や幼稚園教諭のような国家資格が設けられているものではありません。また、日本語教員をやるために絶対に必要な資格(教員免許のような資格)というものはありませんが、実際に採用されるためには、4年制大学の卒業資格が最低限求められるケースが多いと言われています。そして、文部省のガイドラインでは、民間の日本語教師養成講座(420時間)の受講や日本語教育能力検定試験の合格資格などが、教員になるための一つの目安として挙げられていますし、実際の採用条件としても考慮される場合が多く見られます。働く場所については、アジア圏を中心とした海外にある日本語教室や、日本国内にある在住外国人を対象にした教室があります。

言葉を教える日本語教員

「日本語を教えて」と外国人に言われても、すんなり教えることができる人はなかなかいません。日本語は英語とは文法が違いますし、言い回しも独特です。また、ひらがなやカタカナ、漢字と三種類の文字を使い分けて文章を作ります。そのため、外国人にとってはなかなか難しいですし、日本人にとっても度々間違える言葉でもあります。そのため、「日本語は世界一難しい言語」と言われるほどです。この難しい日本語を外国人に対して教えるのが、日本語教員という資格を持つ人です。日本語教員とは、外国人に対して正しい言葉の使い方や言い回しなどを教えることができる資格のことで、日本の文化についても詳しく話すことができます。また、外国人の出身国や外国のことも詳しくなければ上手く教えることができないため、海外のことに対しても知識を持っている必要があります。