たくさんある、日本語教員の仕事先

国際色のある仕事をしたい人が日本語教員になるために学んでいます。学校の先生とは違って、教員免許がなくても慣れることと、難しい資格を取らなくても慣れるので、敷居が低く、志や熱意を持っている人ならだれもがなる可能性を持っていることも魅力です。日本語教員になってからの仕事先は実にいろいろなものがあります。国内で日本で生活している外国人の方の為に日本語を指導するのもいいですし、世界中にある日本語学校に教員として赴任して現地の人に言葉を教えるという道も開かれています。特に発展途上国の日本語学校では、ある程度の日本語の読み書きができる現地の方が日本語教師をしている方が多く日本人の教員がまだまだ少ないですから、一定の水準以上の日本語指導能力を備えたネイティブスピーカーの日本語教員の需要は非常に高いという側面があります。

日本語教員はどこで働くことになるのか

日本語教員になるための方法や条件はいくつかあります。大学で日本語について専攻して卒業したり、特定の講座を受講したりするものなどです。晴れて日本語教員になった後は、具体的にはどこで働くことになるのでしょうか。国内では、日本語学校の教師として働くことが一般的です。そこに通っている留学生や日本で働いている人たちに日本語のレッスンをします。日本への留学生や、日本に出稼ぎにやってきた労働者は増えていますから、彼らに日本語を分かりやすく教える教員の存在は今後さらに需要が高まることでしょう。一方で、親の都合で日本にやってくることになった子供たちは日本語が理解できずに授業についていけなかったり、クラスメイトとコミュニケーションの面で苦労するケースが見られます。NPOなどで子供向けに無料で日本語ができるように教室を開くことも増えていますから、そこのスタッフとして働くのもいいでしょう。

日本語教員の資格について

日本語教員は、大学の日文科などで取得することが可能です。授業で単位を取るだけで、国家資格などではないので、授業で単位を取得して、卒業すると日本語教員の免許を取得出来ます。日本語を学びたい人に日本語を教えるので、外国語もある程度出来ていた方が就職する際には便利になります、この資格を取得する際に、これと言った外国語に単位は必要はありません。色々な国の人がいるので、全ての国の語学を学ぶのは、大変なので、一般的な英語はある程度学んでおくといいでしょう。最近では、アジア圏の生徒も多いので、中国語なども学んでおくと便利です。就職先としては、日本語学校が多いです。また、国内だけではなく、海外で勤務したい人や、ボランティア活動をしたい人にも、取得しておくと便利になります。海外の人と触れ合う機会も多い仕事です。

日本語教師を目指すなら、当講座の420時間総合コース・日本語教育能力検定対策講座。 東京(日暮里)にある日本語教師養成の専門学校です。 千葉や埼玉、茨城からも通いやすい日暮里駅近く。 日本語パートナーズの経験者は特別割引制度があります。 検定対策直前対策コースは全10回で97,200円。 検定対策実力練成コースは全5回で54,000円。 日本語教員の資格取得をバックアップ